LINEで送る
Pocket

みなさんこんにちは。

キュレーターのLydia.MAKIです。

 

フィリピンでは、昔から甘味料として使われているTubo(さとうきび)。

日本でも沖縄などで栽培される、砂糖の原料となる植物です。

e6gFv2J

日本では黒糖や黒蜜として使われるのが一般的ですが、

フィリピンでは、さとうきびの茎から絞ったジュースをそのまま飲み物として飲んだりします。

スクリーンショット 2017-01-17 14.56.24

 

そもそも、さとうきびの良さは、

単純に自然の甘味料というだけでなく、

栄養成分だと美容に不可欠なミネラルが含まれていたり、

ダイエット効果も期待される「フェニルグルコシド」が入っている事です。

このフェニルグルコシドには、ブドウ糖が腸に吸収されるまでの時間を遅らせて、

体内の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。

そのため、食事の前に黒蜜を摂取しておくと、満腹の状態を持続させることができるので、

結果的にダイエットにも繋がります。

また、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる働きがあるということは、

仕事中に甘いものが食べたくなった時でも、食べた後眠くなりにくい!ということで、

お仕事中、何か集中したい時にも、

食べられる、甘いもの好きのお仕事ウーマンにはとてもお勧め食べ物です。

そんな健康効果の高いさとうきび、

フィリピンでは最近、ジュースとして提供するレストランが少なくなっているのですが、

セブを中心にさとうきびのジュースが飲める、

ジューススタンド:Tuboというお店が最近注目されています。

13754415_1162038823860694_6886583118010458174_n

このTuboのオーナーはオーストラリア人のクリストフさん。

2010年に1号店をオープンした当時、

さとうきびの品質と農家さんの雇用体系をフェアトレードの考え方で作りたい!

という想いを持って、当時私の働いていたフェアトレードのNPOに

勉強しに来てくれていた、社会起業家でもあるのです。

そんな素敵なオーナーが作った、Tuboは、

最近セブを中心に店舗がどんどん増えていて、

天然甘味料:さとうきびのジュースに、フィリピンのフルーツ

(カラマンシー、マンゴーなど)を加えて、ミックスしたジュースが、

健康志向の人たちを中心に人気になっています。

 

6996c1ee473277ce84cbb7cad2468297

店舗の場所:

@セブ

 アヤラセンターセブ

 セブ空港 国内線

 セブ空港 国際線

 Jセンターモール

 SMセブ 

@マニラ

 ATCモール アラバン

Tuboの詳しい情報はこちら:http://www.tubocanejuice.com/home.html

ぜひ、セブ・マニラにいらっしゃる際は、

さとうきびのジュース:Tuboを試してみてください。

 

************************

Girls, be Ambitiousホームページ:

logo

「フィリピンのナチュラルビューティー事情を発信!」
Get! Beautyフィリピン:

bnr_get_beauty

************************

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です