LINEで送る
Pocket

 

語学学校Howdyでの親子留学体験レポート〜前編〜からの続きです。

総合的に高評価をマークする語学学校Howdyですが、中でも特筆すべきは「食事のクオリティ」です。

早速ご紹介してまいりましょう。

 

きめ細やかな配慮を感じるダイニングと食事

 

 

Howdy

すっきりとしたダイニング空間に温かみのあるライティング。
ダイニングにはリラックスして食事が出来る雰囲気が漂っています。

テーブル周りも常に清潔。ピカピカで気持ち良く過ごせるスペース。

 

Howdy

Howdy

 

テーブルにはアルコール消毒や調味料。
セブのレストランでもここまでは見たことがありません!

さらに、料理に使われる水は軟水化して浄水器にかけているという2段階でのこだわりよう(驚)

 

Howdy

Howdy

ベビーチェアが用意されているのも、嬉しいポイントです。

今回はこちらのテーブルを定位置に利用させていただきました。

 

Howdy 食事

ポークのアップルジンジャーソース❤︎

トマトカレー

スタッフの方が食べていたトマトカレー🍅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がいただいた夜メニュー「ポークのアップルジンジャーソース」。

お肉も柔らかく、林檎のフルーティーで爽やかな後味✨

ボリュームもしっかりあり、野菜のバランスも良く美味しくいただきました。

娘には私のご飯とベビーフード(離乳食のレトルト)、敷地内のモールで購入したフルーツ。
私の食事からの取り分けでも十分与えられそうなメニューとボリュームでした。

ちなみにHowdyでは通常「朝食」「昼食」の2食付きがコース料金に含まれていて、夕食は250Phpでオーダー出来ます。(2016年7月のレートで約560円)

週ごとに7〜8種類の夕食メニューが用意されているので、飽きることもなく食べられそうです。

夕食を外食または学校のダイニング、という選択が出来るのも嬉しいですね。

(コストパフォーマンスも良く、美味しいので結局ダイニングでいただくことになりそうですが❤︎

 

続いて、私が完全にノックアウトされた嬉しすぎる朝食ブッフェの写真をご覧ください✨

Howdy食事

Howdy 食事

 

 

ご飯、お味噌汁、トースト以外にホットサンドも!

朝からサラダが食べられるのも嬉しいですね!なんと、サラダのドレッシングも手作り❤︎
トマトドレッシングとサウザンアイランドドレッシングでした✨

 

Howdy 食事

Howdy 食事

 

 

ハムやベーコン、和食派の方に嬉しい小鉢なども✨

どれにしようか迷ってしまいます❤︎

 

Howdy 朝食

 

セブといえば南国フルーツ!

マンゴーやバナナをはじめとした新鮮なフルーツも

ブッフェボードに並んでいます✨

ビタミンを取ってカラダ元気!

美と健康に最高のラインナップです。

 

 

そして、な・なんと!!

こちらをご覧ください!!

 

Howdy 朝スイーツ

 

朝スイーツ!!!!!!!

 

前日に仕込まれたチーズケーキタルトに

焼きたてのワッフル❤︎❤︎❤︎

朝スイーツは日替わり(嬉)

 

高級ホテルの朝食ブッフェ並みですね✨

木製のプレートやシロップの小物など、それぞれにこだわりのセンスが光ります✨

 

 

ちなみに「Howdy朝スイーツ」をピックアップした1分動画はコチラ⇩⇩⇩

Howdy 朝食

Howdy カフェ

 

さらに、日替わりでスムージーやシェイクも提供されるとのこと!

この日はアップルジュースとパパイヤシェイクでした🍹✨

ホットコーヒーと紅茶は留学生の方には朝から夜まで無料で提供されています。

授業の合間のブレイクタイムや1日のクラスの後にもいただけてとってもお得。しかも美味しいのです!

(コーヒーはしっかりドリップされているそうです!)

 

Howdy 朝食

 

こちらが私の欲張り朝食セット(笑)

どれもいただきたくて和食だか洋食だかよくわからなくなっていますが(汗)

ご飯のお供に昆布の佃煮やお新香が用意されていたり、お味噌汁にはやはりほっとします。

どれもこれも美味しいのですが、この日の朝スイーツのタルトは絶品で、テイクアウトしたいくらいでした❤︎

朝からこんなにバラエティ豊富で美味しくテンションのあがるご飯がいただけるなんて、1日のスタートがハッピィですね!

 

 

 

Howdy ランチ

 

お昼寝をしてしまった娘をお部屋でケアしていてランチを食べそびれてしまった私。

スタッフの方が気がついて即席で用意していただいたセットがこちら。

チキンジンジャーや副菜も充実していて、むしろお得になってしまったかも!?

野菜も多く、栄養バランスも考えられていて嬉しいメニューです。

どのおかずも手が込んでいてとても美味しくいただきました。

 

 

とにかく、美味しくて大満足の食事。

日本人の事をとことん考えられた内容はこちらが採算を気にしてしまうほどのクオリティとバランスです。

 

敷地内モールの情報

 

 

徒歩10秒という敷地内にモールがあるのは本当に便利ですよね。

Howdy モール

Howdy モール

 

日用品やタオル、ビーチサンダルなどもこちらで購入出来るので荷物を減らして来たいという方は参考にしてみてください。

Howdy モール

Howdy モール

 

スーパーのオムツコーナーにはおなじみのマミーポコやパンパースが並んでいますが、

日本とは違い、おしっこのお知らせラインはありません。そこを気にしなければ現地で購入も可能です。

パンツタイプはマミーポコ、パンパース、ハギーズがありました。

Howdy モール

Howdy モール

 

個人的にオススメなのが、こちらのパン・デ・サル。

24時間営業のベーカリーで大きいのは1つ6ペソ(約13円)。

焼きたてホカホカを狙って行ってみてください!

 

Howdy 中川さんのお話と親子留学体験の総評

 

 

今回、親子留学体験をさせていただいた後にHowdy代表の中川さんにお話を伺うことが出来ました。

Howdy

<以下中川さんのお話>

セブ留学では、とにかく治安面で安心していただくこと。
そのためにこのモールの敷地内という立地を選びました。

「親子留学」についてはお母さまにもリラックスしていただきたいと思っています。
セブにいる間は掃除や炊事、洗濯など家事のことは忘れてゆっくりしていただいたり、その分をクラスや予習復習などに充てたり、お子さまと大切な時間を過ごしていただきたいですね。

「食事」についてはプレミアムを感じていただくこと。

美味しいのはもちろん、クオリティも伴っていかないといけないと感じています。
私たちの比較対象はセブの他の学校ではなく、日本です。
日本から来られるみなさんが、ストレスなく気持ち良く過ごしていただける環境・学習に集中できる環境をご提供することがみなさまの満足度につながると考えています。

セブの語学学校では日曜日に到着し、月曜から金曜までの1週間単位が基本となっています。
しかしながら、曜日によっては航空券のチケットが高かったりします。
1日日程を変更することで数万円浮くこともあります。
そうした場合はみなさんに寄り添って他の曜日のご入学でもご対応出来るようにしていきたいと考え、
まずは特にニーズの多い年末年始の3週間ほどの期間で体制を整えております。

また、私たちの講師陣は教員を目指しているので「教えること」を喜びに感じ、ライフワークとしてがんばっていきたい人ばかりです。これは学校の目指すところとも通じます。

以前、親子留学でお越しいただいたお子さまが、卒業して帰国時に泣くほど学校を気に入っていただけて・・・。
お金をいただいて、来ていただいて、感謝までされる・・・。こんな幸せなビジネスはない!という想いでHowdyを運営しております。

ぜひ親子でセブ留学にお越しいただいて、貴重なお時間をお過ごしください。
日本では得られない体験を親子で一緒にしていただく。
それがみなさまにとって一生の財産になればと思いますし、その環境をご提供させていただきます。

 

Howdy親子留学

Howdyインターンのみなさんと

 

地方自治体から選抜の高校生数十人を受け入れる事もある語学学校Howdy。
教育機関に携わる方からの高い評価や、日本法人の母体には社会福祉法人「檸檬会」という
教育事業、インターナショナルスクール事業を展開されている団体ということからも
みなさまの安心材料につながるのではないでしょうか。

モールの敷地内という利便性も良く安心の立地。
清潔で快適、機能面はもちろん洗練された施設。
熱心で質の高いクラスを提供してくれる講師陣。
おもてなし精神たっぷりのスタッフのみなさん。

ここには書ききれないほどのHowdyの魅力を今回存分に感じることが出来ました。

Howdyの親子留学は1歳から受け入れが可能です。
1〜8歳まではグループ、9歳からマンツーマンクラスが基本ですが、
お子様の個性や学習の進み具合などの様子をみてフレキシブルに対応が可能とのこと。
(おすすめは繁忙期を避けた10月から12月半ば、4月〜7月半ば)

 

空き状況やその他の情報など、詳しくは私・真木までご連絡くださいませ。

あわせてHowdyオフィシャルサイトもご覧ください。

 

howdy_logo_horizontal

 

人気急上昇の語学学校Howdyで親子留学体験〜前編〜はこちらをクリック♪

 

*markie*

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です