LINEで送る
Pocket

 

 

待望の第2弾❤︎

 

みなさんこんにちは。Gwapa!編集部のマーキィーです。

前回の女性の品格レストラン①は女性だけでなく、男性にも読んでいただけたようで大変嬉しく思っております。

自炊を中心に、外食する時はカジュアルなお店を選ぶことが多い私たちですが

たまには洗練されたハイエンドな空間や熟練シェフのこだわりの一品をいただき様々な感覚を磨きたい。

ということでシリーズ第2弾は私たちもお気に入りのANZANIにお邪魔しました。

 

gwapa! markie

編集部 markie

 

 

gwapa! yumi

キュレーター Yumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別な日のディナーで何度もお邪魔している私たち。

ランチ訪問は初の試みです。

 

 

〜ANZANI〜(イタリアン・地中海料理)

 

ANZANI セブ

セブシティはLahug, Nivel Hillsにあるレストラン・アンザニ。

シティの喧騒を忘れさせてくれる静かな丘の途中にあります。

アイボリーのお店とそのまわりをデコレーションするかのような木々。

そして青空のコントラストが夏のイタリアを感じます。

(ちなみに私は大のイタリア好きでもあります💗)

 

 

AWARD

 

地元の名士からも愛されるANZANIはいくつものAWARDを獲得したお店。

私も日本からの来客の際には必ずと言っていいほどご案内する抜群の安定感を誇るお店でもあるのです。

 

 

 

 

ANZANI セブ

ANZANI cebu

 

エントランスの本棚には思わず手に取りたくなるような本や写真集。

お店で待ち合わせの時には少し早めに到着して本を楽しむのもオススメです。

 

アンザニ セブ

アンザニ テーブルセッティング

 

窓から差し込む光がいっぱいのランチタイム。

ディナータイムは温かみのあるライティングで全く違った雰囲気になります。

テーブルセッティングには厚みのあるレザーのランチョンマット。

シンプルですっきりとまとめられたデーブルの中央には鮮やかなピンクのデンファレ。

 

 

アンザニ テラス

アンザニ ランチ

 

緑たっぷりなテラス

テラス カフェ

 

ハイテーブル&チェア、ソファシート。どこに座ろうか迷ってしまうくらいステキなテラス。

青々とした木々が目にも優しく、まるで森の中にいるよう。

 

アンザニ

食事も出来るワインセラー

ワインセラー

 

半地下のワインセラー。

オレンジ系のライティングで非日常空間を感じさせるこちらのテーブルは8〜10名様で利用可能とのこと。

ワイン好きにはたまらないシートではないでしょうか🍷✨

 

Special room

image

そしてこちらがスペシャルルーム。

専用のお手洗いも隣接しているのでお忍びのVIPをおもてなしする時に重宝しそうです。
(私にはそのような機会はあまりないですが・・・笑)

また写真はないのですが、大人数用のファンクションルームも。

親族20-30人でのバースデーパーティーや何かのお祝いパーティーなどで利用されているのを目にしたことがあります。

お食事にこだわったパーティーがしたい!という希望も叶えてくれそうです。

 

ピザ職人さん

 

こちらはピザ職人さんとピザ釜。

いつもパスタばかりでピザをオーダーしたことはないのですが、専用釜に職人さんという画を見ると期待も膨らみます!

いろいろ試したいのでグループでピザをシェアしてみたいところです。

 

 

 

 

 

Chardonnayで乾杯

 

シャルドネ

乾杯はシャルドネ

 

今回はオーストラリア産のBENCH MARK (Chardonnay)でスタート🍷✨

フルーティーで芳醇な口当たりが食欲を刺激します。

自家製パン

 

乾杯の後サーブされるのは自家製パン。

オリーヴ、全粒粉、トマトの3種類から選べます。

バルサミコ酢、トマトペースト、EXバージンオリーヴオイルをお好みで。

 

 

 

アンザニ セブ

 

こちらはMixed cold cuts.

サラミやパンチェッタ、モルタデッラ、パルマハムなどの盛り合わせにピクルスやブラックオリーヴが添えられています。

ワインが進む王道の一品ですね!

 

 

 

シーフードのカッペリーニ

 

そして、私が選んだのはCapellini seafood。

「カッペリーニ=冷静パスタ用」という固定概念があった私。

サーヴされたのはなんと熱々のパスタ!

中央のミニロブスターのようなものはCray Fish。ゴロゴロ入ったシーフードが食べ応えのある嬉しいサイズ。

レモンバターソースにからめていただくカッペリーニは濃厚さに柑橘系のさっぱり感を加えたユニークなパスタでした。

 

ANZANI CEBU

 

Ms.YumiのチョイスはFresh savory smoked salmon crepes.

クレープ状のパスタは私たちにとってはなかなか馴染みがなく、冒険心を掻き立てるメニュー。

「柔らかいクレープの中にたっぷりのサーモン。ミルフィーユのような見た目も楽しめるボリュームのあるパスタでした」とMs.Yumi。

トマトやチーズもたっぷりで大満足な一皿だったようです❤︎

 

 

パンナコッタ

 

ドルチェはTropical panna cotta defileから❤︎

4種類のコンポートはフルーツそのものの美味しさがパンナコッタとの相性抜群!

全種類楽しめる小さなポーションが嬉しいです。

 

 

 

クレームブリュレ

 

こちらは CRÈME  BRULEE❤︎

さすがANZANIのクレームブリュレ。捻りが効いています。

パンプキンの甘味をいかしているので甘すぎず、

しかしながら後を引く美味しさ。たまりません!

 

 

 

チョコスフレ

チョコスフレ

 

そしてBelgian dark chocolate souffle❤︎❤︎❤︎

香り高い厳選されたチョコレートが使われたスフレは表面がサクっ、中からトロっ。

添えられたアイスやソースとからめていただくとその温度差や食感を含め五感で至福を感じられます!

焼き上げるまでに15分はかかるそうなので、メインの余韻を楽しみながら焼きあがるのを待ちましょう♪

 

コーヒー

光るセンス

 

スイーツと一緒にいただいたコーヒーも美味しく、シュガーセットもオシャレ。

ひとつひとつにセンスの良さが感じられ刺激になります。

 

Chef Randellにインタビューしてみました

 

ANZANI CHEF

今回はオーナーシェフのChef Marcoが不在のため、
2008年のANZANIオープン当初から現在までゲストの舌を唸らせているChef Randellにお話を伺うことが出来ました。

 

Gwapa!:
ANZANI以前はどちらのレストランで腕を振るわれていたのですか?

Chef Randell:
自宅でフィリピン料理のカフェテリアを営んでいました。
ANZANIオープン当初から変わらず現在も料理に関しては学ぶ日々が続いています。

 

Gwapa!:
新鮮で美味しい食材についてはどのように調達されているのですか?

Chef Randell:
毎朝6軒のマーケットやスーパーをかけまわって最高の食材を用意しています。
みなさんもおなじみのスーパーからローカルのマーケットまで。

 

Gwapa!:
今回私たちのオーダーしたパスタについて。
カッペリーニ=冷静パスタと思っていたので驚きました!

 

Chef Randell:
既成概念をなくし様々な組み合わせを試してみると意外性のある美味しさが生まれたりするんです。
クラッシックなものだけではなく、工夫してみる。
うまくマッチしたもの、美味しい!これはゲストにも喜ばれる!と思ったものをメニューにしています。

 

Gwapa!:
ANZANI はメニューがとにかく豊富でゲストとしては嬉しいですが、作り手は大変ではないですか?

 

Chef Randell:
お客さまに指示された人気メニューは残しながら、新しいメニューを投入する。毎年これを繰り返しています。
おなじみのゲストにも飽きられない新しさを感じてもらいたいのです。

 

マッシュルームスープ

Gwapa!(markie):
人気メニューといえば、私はディナーメニューのCREAM OF WILD MUSHROOM CAPPUCCINOの大ファンです❤︎

Chef Randell:
マッシュルームスープのカプチーノ仕立ては人気メニューのひとつですね!
数種類のキノコを使って香りを大事にしています。
特にポルチーニ茸。これが最高の香りを引き出しています!

 

 

Gwapa!:
今回いただいたランチはどれもこれも美味しかったですが、最後のチョコレートスフレも絶品ですね!

Chef Randell:
ありがとうございます。こちらも人気の1つです。
ドルチェではチョコレートスフレをご用意していますが、実はディナーメニューのappetizerでチーズスフレというのをご用意しています。ぜひこちらもご賞味ください。
チーズとブロッコリーをメインに使っていて、きっと気に入っていただけると思います。

Gwapa!:
今回は本当にありがとうございました。
ディナーとランチではまた違ったメニューで楽しめ、さらにANZANIファンになってしまいました(笑)

Chef Randell:
私たちはゲストのリクエストにお答えして料理を提供することも出来ます。
例えば、「このパスタの種類にこのソースを組み合わせてほしい」だとか、
「この食材を入れてほしい、外してほしい」など。
グルテンフリーやベジタリアンメニューなどについてもお気軽にお尋ねください。

 

ANZANI

 

今回はランチタイムにお邪魔しましたが、
ディナータイムは夕暮れからグッとロマンティックムードが漂う空間になります。
国際色豊かで上流階級のゲストも多く利用するレストランですが、留学生でも少し奮発すれば手の届くお値段。

少し

語学留学でがんばっている自分へのご褒美に。

セブで過ごすスペシャルなひとときに。

ぜひ足を運んでみてください。

セブでの最高の思い出になること間違い無しです(^_−)−☆

 

 

【ANZANI】
ランチ     12:00〜14:30
ディナー 18:00〜23:30

Panorama Heights, Nivel Hills, Lahug, Cebu city

℡ 032 232 7375

http://anzani.com.ph/

 

取材協力をいただいたANZANIさまありがとうございました。

 

*markie*

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です