LINEで送る
Pocket

時差はたったの1時間、直行便でたったの5時間の魅力

6680810831_98335ab553_z

日本とフィリピンとの時差はたったの1時間

日本が午後4時の時にはフィリピンは午後3時。

フィリピン留学は1週間から留学できるのが魅力のひとつですが

時差が少ないので時差ボケの心配がないから安心です。

また成田からの直行便を利用すると5時間でフィリピンに到着

移動の負担もそれほどなく留学が実現出来る距離にあるのが

フィリピン留学なんです。

 

魅力のマンツーマンレッスン

日本人は英語を話すことにとても抵抗がある方が多いです。

しかし、欧米留学ではほとんどの学校が15名から20名で1クラスのグループレッスン、

それだけ人数がいると1レッスンの間に発言出来ても数回です。

それに比べてフィリピン留学はマンツーマンレッスンが多く

1日に6レッスンから10レッスン受講が可能です。

英語を話すことが苦手な日本人にとっては

マンツーマンレッスンの数が多いのは効果的ですよね。

マンツーマンレッスンでは2人きりでの会話のキャッチボールなので

かなり集中することになります。

 

魅力の留学費用

d5df79884c5a76b940fb0ac673939a89_s

フィリピンは日本に比べて物価が安いイメージがありますよね。

はい、その通り

欧米留学の約半分の費用で語学留学が出来ることで注目されています。

欧米留学1ヶ月では約50万円のところ

フィリピン留学は1ヶ月約25万円ほどとなります。

費用には

レッスン料金

宿泊料金

食事代

現地支払いのVISA代などが含まれます。

ぜひこの機会に検討してみてください。

 

魅力の2カ国留学

634dae0af98b131a1dd9c149a03991e6_s

フィリピン留学から欧米の語学学校に留学する人

フィリピン留学からワーキングホリデーに行く人

フィリピン留学から欧米の大学に行く人

フィリピン留学から海外就職する人

フィリピン留学で英語に馴染み、英語を学んでから

他の国に行くというパターンの人もいます。

そして、ワーキングホリデーからフィリピン留学に来る人も少なくありません。

実はワーキングホリデーに行ってみると自分はなかなか思ったように英語が話せず

ペラペラと英語を話している友達に「どこで勉強したの?」と聞いてみると

「セブ島で勉強してから来たんだよ。」「フィリピンで勉強してからこの国に来たんだ。」という

話しを聞いて、ワーキングホリデーの帰りにフィリピンで勉強してから日本に帰国するという

人がけっこういるのが事実です。

他の国に比べて費用をおさえられる、マンツーマンレッスンが充実している

フィリピン留学で英語に慣れてから、他の国へと旅立って行くとう

ルートもありますのでご参考にしてください。

 

naho♥

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です