LINEで送る
Pocket

住宅街に佇む隠れ家的フィリピン料理レストラン

imageimage

 

 

 

 

 

 

 

 

セブシティはマボロエリアの住宅街にひっそりと佇むフィリピン料理レストランがあります。

お店は道のコーナーに面していて、入り口は2箇所。

一方は鮮やかなグリーンの蔦で囲まれ、一方は扉のまわりにブーゲンビレアがアクセントを添えています。

オーナーのセンスが感じられるエントランスの向こうには宝箱のようなワクワクする空間が広がっています。

 

お店の中に入ってみると・・・

image

 

ダイニングのまわりにはフィリピン産の民芸品やアクセサリー、

食材、マッサージオイルや石鹸など様々な品が壁一面に陳列されています。

 

 

 

 

image

 

テーブルセッティングも素敵!

各テーブルともカラーコーディネイトされ、ファブリックの使い方やネイティブ素材、バンブーとの組み合わせなど、とても参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

image

 

小さなパティオはスモーキングエリア。

グリーンの壁✖️ナチュラルのグリーンが癒しの空間に。

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン土産・セブ土産を買うも良し!

image  image

 

 

 

 

 

 

 

お店の壁一面に陳列されたこだわりのアイテム。

大切な人へのお土産をゆっくり選べるのもこのお店の大きな特徴。

image  image

 

 

 

 

 

 

 

カラフルなカゴのバックやアクセサリー、雑貨類がところ狭しと並んでいます。

 

image  image

 

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ表情が違う丁寧に手作りされた人形。

 

image  image

 

 

 

 

 

 

 

マンゴージャムなどのコンフィチュールやジャコウネコの糞から採取される希少なコーヒー、

ローカルのお菓子など思わず手に取ってしまう魅力溢れる食材も。

その向かいにはマッサージオイルや石鹸など、取り扱いアイテムは幅広くどれもこだわりを感じるものばかり。

 

ジャコウネコの糞から採取されるコーヒー

image

日本では一杯8,000円するとも言われる幻のコーヒーがなんと!

こちらのお店では一杯170ペソ(約440円)で楽しめます!

最高のコストパフォーマンスですね。

 

 

 

 

 

 

image

 

このジャコウネコの糞から作られたコーヒー「CIVET COFFEE」は店内で1つ1650ペソで購入できます。

コーヒー通の方へのギフトにもいいかもしれませんね!

 

 

 

 

またこちらのお店のフィリピン料理は地元の人たちにも人気です。

MONGGO SOUPやBREADED FISH STICKSはトライしたいメニュー。

 

昼下がりにジャコウネコのコーヒーを静かに味わう。

大切な人へのお土産をじっくり選ぶ。

気の合う仲間とフィリピン料理をワイワイ楽しむ・・・。

それぞれの時を過ごせる素敵なお店Abaseriaのご紹介でした。

 

【Abaseria cafe and deli】

場所:マボロエリア(TANCOL 1 向かい)

時間:9:00〜21:00 (日曜は11:00〜19:00)

https://www.facebook.com/pages/Abaseria/117258895025165?fref=ts&rf=232786320124480

 

❤︎マーキィー

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です