LINEで送る
Pocket

食べるのに勇気がいるフィリピンのローカルフード”バロット”

f9fa8142e3911fab2fed6a8a94d7e192_s

留学同士でも「チャレンジした?!」というネタはお約束になっているフィリピン名物の「バロット」。

「孵化直前のアヒルの卵を茹でたもの」と聞くと・・・ちょっとグロテスクですね(汗)。

(気になる方は「バロット 画像」などで検索してみてください・・・。)

ローカルでは自転車に乗った男性が夜に「バロ〜ット」と大きな声でアピールしながら売りに来ます。1つ10ペソ前後で購入出来、地元民は道端で美味しそうに食べています。

しかしながら、チャレンジするのはちょっと勇気がいりますよね。

そこでGwapa!読者のみなさんにご紹介したいのが「上品にバロットにチャレンジ出来るリゾート」。

 

おしぼり付きで優雅にバロットを楽しむ!

image

 

マクタン島にあるリゾート「Plantation Bay」

そのリゾート内のレストラン「Kilimanjaro」は普段はインターナショナルフード(アラカルト)ですが、週末はランチブッフェが楽しめます。

土曜日はアジア料理全般、日曜はフィリピンフード。

日曜日にはなんとブッフェボードにあのバロットが並ぶのです!!

 

image

 

そしてレディには嬉しいおしぼり付き!殻を割って手が汚れても大丈夫!

ちなみにこちらは卵が産み落とされてから16日目のものです。

「試してみたいけれど路上では勇気がいる・・・」という方はこちらのリゾートだとハードルが下がるのではないでしょうか。

 

 

 

もちろん他のフィリピン料理も美味しい♪

image

 

ガーリックライスにレチョンマノック(ローストチキン)、ポークBBQにイカのグリルなどなど、美味しいフィリピン料理が並びます。

どれもこれも美味しいので、その分食べ過ぎに注意ですね(笑)

 

 

 

 

image

 

そしてこちらが「ポチェロ」というスープ。

牛肉やとうもろこし、葉野菜にバナナまで!!

この意外な組み合わせですが、使われているのは料理用のバナナのようで、甘酸っぱさはほとんどなく、里芋のような感じでした。こちらも美味しいのでオススメです。

この他にもハロハロやネイティブスイーツ、フルーツのコーナーもありましたよ♪

 

広大な敷地で静かなリゾート

image

 

 

「Kilimanjaro」はプールや海水のラグーンに囲まれた24時間営業のレストラン。

食事後もラグーンサイドでゆっくり・・・なんてことも出来ます。

 

 

 

image

 

ラグーンもとっても広いので、客室が満室でも混み合う・・・ということはなさそうです。

静かな時が流れ、リラックス空間が広がっています。

 

 

 

 

image

 

 

テラスからダイブ!というタイプのお部屋や、テラスから2mでラグーン!というタイプも・・・。

これは宿泊してみたい!

 

 

 

 

image

 

 

真水のプールには滑り台やジャグジーも。

こちらは子供たちにも大人気のようです。

お子様連れの方にも嬉しいリゾートでアクティビティも満載!

 

 

 

image

 

ラグーンの内側に島が!
こちらのハンモックでゆったり・・・なんて気持ちよさそう。

ペニンシュラビーチというエリアでは200ペソでフットマッサージまたはバックマッサージも受けられるサービスも♪
なんとも優雅ですね。

 

 

 

image

 

 

ラグーンサイドにあるココナッツバー。

ブコジュース(ココナッツジュース)を楽しめるバーです。

ネイティブ感溢れる雰囲気で、撮影スポットに人気のようでした。

 

 

お得な日帰りパッケージプランも♪

 

Plantation Bay Resort and Spaは日帰りで楽しめるデイトリッパー・パッケージもあります。

平日はお一人様2000ペソ(5000円前後)以下2015年9月現在レート換算
週末・フィリピンの祝日はお一人様2500ペソ(6250円前後)

・ランチブッフェ(土曜はアジアン全般、日曜・祝日はフィリピン料理)、
・ラグーン&スイミングプールの使用
・シャワー&更衣室の使用
・ウォールクライミング
・広大な敷地内の自転車利用(30分)
・カヤックなどモーター無しのマリンスポーツ(15分)
・エアーホッケー&テーブルテニス

などがパッケージに含まれ、追加料金で他のアクティビティも楽しめるようです。

セブ留学中、週末や休日のアクティビティに・・・。
セブ旅行の滞在先に・・・。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

❤︎マーキィー

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です