LINEで送る
Pocket

IMG_3492

フィリピン在住または以前在住や留学をしていた・・・
というGwapa!たちの素顔に迫るこちらのコーナー。

記念すべき第一回目は、セブ島在住歴3年半のShihoさんです。

いつも洗練された空気感を持つ彼女ですが、この日のファッションはヴィヴィットなレッドオレンジの差し色が印象的でした。

そんな彼女にShihoさん流のライフスタイルについて聞いてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

サイパンからセブへ〜

 

マーキィー:
しほさんは以前サイパンに住んでいたとの事ですが、どんな流れでセブ/フィリピンにたどり着いたんですか??

Ms.Shiho : 
私は25歳の時まで日本で法律関係の事務をしていましたが、5年勤めた会社を会社都合で辞めなくてはならなくなり、そのタイミングでずっと憧れでもあった海外留学やワーホリに行きたいなと思うようになりました。
たまたまその時旅行で行ったサイパンと初めて
したダイビングにすごくハマってしまって、そのままそこのショップのオーナーさんに 『ここで働きたいんです!』って言ってしまいました(笑)
初めは冗談だと思われてたみ
たいです(笑)

ただサイパンは現在色々な事情で新規のビザが難しいと言われていて、『来年セブ店オープンするからそっち行ってもらえる?』と言われて来たこともないセブに来ることになりました(笑)
なのでセブは成り行きできた、と言っても過言ではないですね。いや、本当に成り行きです。

 

マーキィー:
海外で働く」それも「フィリピンで」ということに心配事や抵抗はなかったですか? 

Shiho:
サイパンはのんびりした田舎町で、住人もほとんどが知り合い、英語もほぼ必要ない海外という特殊な環境だった為生活するのに全く不安はなかったのですが、そこから『治安が悪い』とされてるフィリピンに移住するのはやはり不安でした。初めてフィリピンに視察に行ったときも、道端にたむろすフィリピン人や倒れかけたようなローカルの集落などを目にし、ザ・アジアな街並の雰囲気がとても不安になりました。ここで生活できるだろうかって。

 

マーキィー:
それがもう3年半?セブに滞在していますね(笑)住めば都?という感じだったりして(笑)
そして、ダイビングショップでは数え切れないほどアイランドホッピング(*離島へのクルージング)などでお客様をご案内されたと思いますが、セブ島周辺やフィリピンの海や島にはどんな魅力がありますか??

 

11851264_863226790420028_378964064_n

Shiho:
セブの海は魚影が濃くて、程よく透明度もあります。私は行ったことないですが、沖縄の慶良間諸島の海に近いと聞いたことがあります。
水族館の水槽の中に飛び込んだような、たくさんのトロピカルフィッシュたちに出会えます。
また7000の島からなるフィリピンだからこそ!
日帰りのツアーでいくつかの島を渡るツアーなども楽しめるのもフィリピンならではの特徴かなと思います。今後はこちらで公式キュレターとして、私がおすすめの海や島などのお写真も紹介していきたいと思っています。

 

マーキィー:
確かに近くの離島なら気軽に行ける!この手軽さもフィリピンならではですね。
ところで、ダイビングショップで働いていた・ダイバーというわりにはお肌が白いですよね?
特別なケアとかされているんですか??

日焼けのケアはしっかり派!&普段はシンプルスタイル

Shiho:
顔と首だけは後々にシミになるのがどうしても嫌で、日本で購入したアネッサの日焼け止めで毎日しっかりケアするように気をつけてました。
お客さんとかが日焼け止めを塗って
るのを見てよく思ったんですけど、皆さん日焼け止めって少量を薄く顔に伸ばすじゃないですか。あれって実は日焼け止めの効果が100%発揮されないそうなんです。ネットなどで調べると詳しくでてきますが、顔だけであれば500円玉より気持ち大きいくらいの量を塗装する必要があります。気をつけていたのはそれくらいですかね。あとは1日一回食後にビタミンCのサプリメント、またしっかりケアしても一日中炎天下の中日差しを浴びなければいけなかった日はその日のうちにいただきもののパックや日本から持って来た美顔器で念入りケア。

それから紫外線で固くなってしまったお肌を柔らかくする為に週2回のスクラブは昔から欠かさずしています。

マーキィー:
おぉ〜!やはり日焼け後のケアが色白美肌をキープしているポイントかもしれないですね。
日焼け止めもケチらず、気持ち多めに塗ってみます・・・(汗)
肌はもちろんですが、ご自身でデコレーションをしているネイルもいつも素敵ですし、髪もツヤツヤですよね。
美容に関して普段から心がけていることや、Shihoさん流美学などがあれば教えてください!

Shiho:
洗顔方法や色んな美容方法が本やネットに溢れていますが、色々読んでみて、試してみて、誰かの方法を丸々取り入れるとかそういうのに拘らず、自分が良いと思うものだけを取り入れています。
あとはあまり肌を甘やかさない、ということかな(笑)だからボディクリームとかを毎日塗ることもしないし、良い化粧品(今はほとんど買わないけど)も毎日は使いません。
昔は化粧品代に毎月数万円のお金をかけていたけど、スキンケアもシンプルになった今のほうが昔より断然調子がいい気がします。

11857630_863212427088131_225697864_n

 

そして最大の癒しである愛犬のアロナ。セブで知人から譲っていただいた初のわんちゃん。
甘えん坊で本当に子供みたいです。


マーキィー:
はい!アロナちゃんには私も癒されます(笑)疲れも、ストレスも吹っ飛びますよね!

 

 

 

 

 

 

マーキィー:
さて、話は変わりますが・・・「日本に住む」ということにこだわらず、Shihoさんのようにグローバルなライフスタイルを選択していく女性は今後増えていきそうですね。

Shihoさんは今後セブ以外の新天地にも目を向けて行きそうな予感がしますが、今後のビジョンも含めてお聞きしたいです!

今後のビジョン

Shiho:
私の場合、セブに来たきっかけは留学ではなかった為英語もほぼゼロから仕事や生活を通じて学んだだけでしたが、やはりもっと英語が話せれば海外での生活はより楽しいものになるなあと痛感する場面が多かったのでせっかくセブにいるし、今後はもう一度しっかり英語の勉強をしようと思っています。

また今の時代はパソコン一つで仕事ができる時代。住む場所は自分で好きに選べる。
そんな生活ができるよう、これからそのベースとなるものを作って行こうと考えています。

マーキィー:
ノマド的なライフスタイルもありですよね。
そして英語は日常生活ではなんら問題はなさそうですが、これから本腰を入れて学ぶということですね!
セブでは留学生や英会話学校の先生など様々な方との交流があるようですが、
しほさんから見てフィリピンの英会話学校の先生はどんな印象ですか?

 

Shiho:
フィリピン人の先生は明るくて、楽しい♪ホスピタリティーも高いので、勉強以外にもご飯に付き合ってくれたり、色んなことを教えてくれたりしてくれます。

仲の良い某語学学校の先生は日本語も結構理解していて、たまに日本語でメッセージくれたり、『誠実って英語で何て言うんだっけな』と一人事のようにつぶやくと『それは…』と教えてくれたり…勉強熱心で頭の良さに本当にびっくりします(笑)

マーキィー:
私も!先生が一生懸命覚えた日本語を使ってくれるのが「きゅん!」ときちゃったりすることも(笑)
基本的にフィリピンの人たちは親日な方が多いので先生たちとも心から触れ合える気がします。
マーキィー:
ところで、、、最近セブとシンガポールを行ったり来たりしていますよね?

IMG_3497

Shiho:
LCCで格安のチケットが出ているので行きやすいし、友人もいるので…お買い物ついでにたまに行っています(笑)

今日のバッグや靴もシンガポール発のファストファッション『チャールズ&キース』のものです。物価の高いシンガポールですが、探すと結構安くて可愛いものがあるし、多国籍国家で背の高い外人さんが多いシンガポールはなんと言っても丈が長いワンピが手に入る!背もあって、ヒールも履きたい私にとっては大好きなお買い物スポットです。

 


マーキィー:
なるほど、アジア圏の国に気軽に旅行に行けるのもフィリピンに住む大きな魅力と言えそうですね。

さて!トップバッターを引き受けていただいた「カバーGwapa!」Shihoさんの「持ち物チェック」は後編にてご紹介させていただきます!
こちらもお見逃しなく♪

 

❤︎インタヴュアー/マーキィー❤︎

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です